飲食店の「クーポン」導入での影響を考えていくサイト

飲食店経営でクーポンを発行することのメリット・デメリット

>

飲食店のクーポンの長所や短所を考えるサイト

クーポンの概要を知ろう

クーポン、という言葉のそもそもの意味は、フランス語からきています。
フランス語では「切り取る」という意味の「couper」という語があり、そこから「切り取って使う紙」の意味が加わり、現在の「切り取ってお店で使うタイプの割引券など」に対して使う「クーポン」という言葉が生まれたのでした。
この言葉は英語としても「coupon」で存在するので、和製英語ではありませんから、海外でも通用します。
現在、一般的には「何かの割引券、優待券」という意味合いが強いこの言葉ですが、実は金融業界ではれっきとした用語として使われています。
具体的には「債券についた利札」のことを指しています。
利札とは、債券の利子受取保証券のことを言い、債券についたこの利札を「切り取って」金融機関に持っていくと、利息を受け取ることができます。

多種多様なクーポンのタイプ

まず、クーポンの内容について見ていきましょう。
大別すると、値引き系、試用系、購入系、無料系があります。
値引き系は店頭で対象商品購入時に提示すると割引がされるタイプ。
試用系は提示するとその金額分割引したサービスが受けられるタイプで、マッサージ店などでよく使われます。
購入系は、家電購入時に使われることが多いタイプで、券に表示された価格で購入できるようにすることで、確実な購入をしてもらうための方策として用いられます。
無料系は、「メニューご注文でドリンクやサイドメニュー1品無料」などの形で用いられます。
展開方法についても現代では多様となっており、一昔前まではチラシなどに付属させる形のクーポンが多かったですが、クーポン専門のフリーペーパーが出始めてからは多様化が進み、現在ではインターネットのウェブサイト上から印刷して使うタイプや、スマホの画面を店頭で見せるだけで使えるタイプもあります。