飲食店の「クーポン」導入での影響を考えていくサイト

飲食店経営でクーポンを発行することのメリット・デメリット

>

飲食店でのクーポンのメリット、デメリット

クーポン導入に必要なモノ

クーポンを導入すること自体に、何か官公庁の許可が要るということはありませんが、守らなければならない法律があります。
「景品表示法」という法律です。
この法律では、クーポンの導入時に、お客に提供されるサービスやモノの値段と本来提供する商品価格との比率などに制限を加えています。
割引率については後述しますが、ここでは、まずクーポン自体に表示しておかなければいけないことを記します。
まず、広告主か店舗の名前と住所です。
次に、対象となる商品やサービスの内容についても誤解の内容ハッキリと明記します。
また、割引ないし適用前の「本来の金額」、もしくは「割引率」も必ず必要です。
そのクーポン適用期間がいつまでなのかという「広告有効期限」も必ず記しましょう。
そのサービスに関する制限などの重要な事項、注意事項も必須です。

導入による利点、注意点

さて、クーポンについて、まずはそのメリットを考えてみましょう。
まずはその「集客力」「注目力」の高さです。
人は広告を見る時、見ているのは「何を提供しているのか」と「値段」です。
そこで安くなるクーポンが付属していれば、お客さんを自分の飲食店に向かわせる強力な動機となります。
しかし、それなら半額にすればいいのかという話でもなく、先の「景品表示法」では「割引の場合、1000円未満の商品なら割引は200円まで、1000円以上なら取引価額の10分の2まで」と規制をしています。
また、それ以外の無料系などにも頒布物の価格に規制を設けています。
これらを必ず守りましょう。
また、特に飲食店の場合、クーポンの乱発は、それ以外の通常価格時にお客さんの足を遠のかせやすくなり、クーポンで抑えた売上分の回収ができなくなる恐れがあるので、発行タイミングには注意をしましょう。